スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、クリックを!
↓↓



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブラジルのクリスマス
ブラジルでは、厳かに新年を迎えるということはない(ように思う)。カトリックの国だけあって、むしろナタゥ(クリスマスのこと)を厳かに祝うという印象が強い。ブラジルの人々は、12月25日午前零時になるのを待って、街中で花火を打ち上げてキリストの生誕を祝い、TVではバチカンの礼拝が生中継される。

ブラジルに住み始めた当初、私と妻はこの文化を知らないまま、「ナタゥなので夕食を準備するから」と、ある家族に招待された。

ちょうど生後間もない赤ちゃんがいたので、準備に手間取り、友人宅に着いたのが確か20時前だった。ところが、着いてみると、夕食が振舞われる気配が一向にない。

それで、私と妻は、「きっと、来るのが遅すぎて、もう夕食は皆済ませて片付けちゃったんだよ。お腹すいちゃったねぇ。」と顔を見合わせていた。

そうして、22時にもなると、10数名が集まって賑わいでいる環境のせいで、泣き始めた。寝たいのに寝られないからぐずっているのはあきらかだった。

私たちとしても、もはや夕食がでるわけでもなく、ただ他に招かれた客たちが雑談しているだけで、なんとなくその場にいる意味を感じられていなかった。
そこで、ここぞとばかりに、「もう赤ちゃんがぐずっているので、今日はそろそろ失礼したいと思います。」と、そこのドナ(女主人)に切り出した。

「えっ、もう行くのか。まだまだこれからなのに。」とドナ。

私たちは、客が帰るときに「もう帰るのか?まだ早いのに」というブラジル人のお決まりのあいさつだと思い、「いえ、でも赤ちゃんもぐずっていますし、寝たいようですから。あんまり遅くなっても、道中が危ないので。」と言った。

するとドナは「それならしょうがないね。せっかく夕食が用意できているから、じゃあなたたちは先に食べて帰ったらいいよ。」と言ってくれた。

私たちは、「あれっ、夕食は皆まだ食べてなかったんだ?!」とそのときは不思議に思いながら、出された夕食を頂いてから、その場を失礼したのだった。

25日午前零時にナタゥを祝うのがブラジルの慣習なのだ、と認識するに至ったのは、それからまだずい分、後のことだった。

ナターゥを祝うために招かれながら、午前零時を待たずして「もう夜も更けましたから」と言って、その場をおいとまして来たとは、今から思うと、ずい分トンチンカンなことをしたものだ。これは、ブラジル人に言うと必ず大うけする笑い話となっている。
スポンサーサイト

テーマ:ブラジル - ジャンル:海外情報


よろしければ、クリックを!
↓↓



【2006/01/08 22:40】 | ブラジル文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宝くじ好きのブラジル人 | ホーム | たわわに実るアセロラ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pantanal.blog44.fc2.com/tb.php/3-4d14fdc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。