スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、クリックを!
↓↓



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
宝くじ好きのブラジル人
ブラジルでは、カーザ・デ・ロッテーリアと呼ばれる宝くじの店が多い。
人口10万人のコルンバ市にも中心部に少なくとも4箇所はあり、終日人々が列をなしている。また、テレビでも宝くじの宣伝をよく目にする。

ブラジルに住み始めた当初、日中から大の大人たちが宝くじ屋に列を成しているのを見ながら、「仕事もなくて、宝くじを買うためにこんなに列をなしているなんて、悲惨だな」と思っていた。

ところがブラジル生活に慣れてくると、宝くじ屋がにぎわっているのには、別の理由もあるということが、分かるようになった。実は、宝くじ屋はただ宝くじを扱っているだけではなく、水道代や電話代などの公共料金の支払いの銀行代行業務をしているのだ。

ブラジルでは、銀行の窓口にはいつも長蛇の列ができており、1時間も待たされるということもざらにある。かといって、ブラジル人はどうも公共料金の自動引き落としを好まないらしい。何事も支払いはできる限り遅らせたいようで、後日引き落としの小切手の普及率も高い。

そこで、支払い業務を手際よくこなしてくれるこの宝くじ屋が人気なわけ。ただし、宝くじ屋の店員はちょっと曲者。支払った公共料金のレシートを渡すときに、さりげなく「宝くじを買っていきたくないのか?」とよく尋ねてくる。この問いかけに、宝くじ好きの人は、おもわず余分な出費をしてしまうようだ。
スポンサーサイト

テーマ:ブラジル - ジャンル:海外情報


よろしければ、クリックを!
↓↓



【2006/01/10 11:41】 | ブラジル文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドナの呼称が物語るブラジル人女性の強さ | ホーム | ブラジルのクリスマス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pantanal.blog44.fc2.com/tb.php/4-5167b572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。