スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、クリックを!
↓↓



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ドナの呼称が物語るブラジル人女性の強さ
ブラジルに住んでいると、ブラジルは「かかあ天下」だなと思うシーンによく出くわす。

日本なら、既婚女性に対して、「奥さん」と呼ぶけれど、ブラジルの場合はドナ(女主人)という敬称を使う。たとえば、既婚者のマリアさんなら、ドナ・マリアという具合。この敬称が、実際の女性の地位を物語っているかと感じるはおそらく私だけではないだろう。

ここパンタナールの町コルンバは、田舎なので、大概の人はのんびりと暮らしている。夕方になると家の前に椅子を出してきて、涼みながら雑談を楽しんでいる人々の姿も多い。

私の見る限り、基本的にダンナさんはのんびりしていて、奥さんがその分キビキビと動いている。それが、ブラジル人男性は奥さんから尻をたたかれる、という構図を生み出しているように感じている。

私の妻が鉢植えを買うというので、一緒に買い物に行ったときのことだ。
そこのご主人は体格もよく迫力のある人だった。ところが、その主人が奥に引っ込んだかと思うと、数分もしないうちに、そこのドナが「コンピュータなんかやってないで、表に出てきて。いそがしいんだから!」といった感じで、ドナっていた。

いそいそと出てくるご主人。

さて、妻が観葉植物を一つ選んだ後、もう一つ別の鉢植えを探しているときに、その主人が私に尋ねてきた。「どの鉢に入れたい?」

「ああ、自分はついて来ただけだから、それは私の妻が決めますよ。」
と答えると、そこの主人はしみじみと、
「どこの世界でもそうだ。ドナが決めるんだよなぁ。」
と言った。

「日本では多くの家庭で、財布は奥さんがにぎっていると言われてますよ。ブラジルでもそういう家庭が多いのか?」と尋ねると、

「そういう家庭は多いよ」と反応してきた。

さらに突っ込んで、「ブラジルでは『最後の言葉を発するのはうちのかみさん(つまり最終決断するのは奥さんという意味)』という言葉を聞くことがあるけど?」と確認すると、

そのご主人は、「そうそう、まさにそうなんだよ」と言っていた。思わず笑ってしまうぐらいに、かかあ天下の構図にハマっているご主人だった。

ブラジル人女性は、まさにドナ(女主人)と思う。
スポンサーサイト

テーマ:ブラジル - ジャンル:海外情報


よろしければ、クリックを!
↓↓



【2006/01/11 12:34】 | ブラジル文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雨の日のグロテスクな生き物 | ホーム | 宝くじ好きのブラジル人>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pantanal.blog44.fc2.com/tb.php/5-01804d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。