スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、クリックを!
↓↓



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
雨の日のグロテスクな生き物
我が家には、雨になると姿を現す大敵がいる。
カタツムリだ。4年ほど前、ある家庭に留守番をお願いして、半年余りの間、家族全員で日本に帰っていた時期があったのだが、日本からこちらに戻ってみると、巨大デンデンに出くわすようになった。

日本では、「でーん、でーん、むーし、むーし、かーたつむり」という唄まであるぐらいで、グロテスクな生き物という雰囲気はない。幼稚園のときなどじはたしか、クラスでカタツムリを水槽に入れて飼っていたと思う。

ところが、わが庭に巣くうカタツムリは、そんなかわいらしいものがではない。
まず何しろその大きさが半端ではない。「でんでん」というよりも、「ででーん」という感じだ。くわえて、その姿がなんともグロテスク。

実物はこんな感じ↓↓↓


巨大でんでん


どう、気持ち悪いでしょう。
この写真を撮ったときは、まだ日本から帰ってきたところだったので、こんなに巨大デンデンに出くわすなんてすごいな、と思って、わざわざ写真におさめたぐらいで、まだ嫌悪感まではありませんでした。しかし、その脅威を認識するまでには、そんなに時間はかからなかった。

雨が降るたびに、もう塀一面にこんなのが無数にへばりついているのを目の当たりにしなければならなくなったのだ。さらには、カタツムリは庭の植物の葉っぱをすごい勢いで食い尽くしていく。サボテンですらやられてしまうぐらいに強力なのだ。

妻は、「もう薬まいて、退治しようよ。」と何度も何度も言ってきたが、庭には果樹もあるし、土壌が汚染されてしまうのでいやだった。

で、雨が降るたびに、掃討作戦を敢行し続けてきた。まとまった量の雨が降るたびに、何百ものカタツムリをちりとりでとって、ポリ袋に入れて捨て続けた。スーパーの袋三つ分になることさえあった。さらにイヤなことには、臭いもくさい。さらには、ポリ袋に入れておいても、ごみ捨てに出すまでに数時間もあると、すきまからまた出てきたりもしていた。

しかし、ここ2年間の掃討作戦が実を結びつつあるようで、最近は雨が降っても、「ほとんどカタツムリを見なくなったね」と二人で喜んでいたぐらいだった。
ところが、今日はまた新たなショックを受けた。
すでに最近の雨のおかげでカタツムリが再び大量発生し始めており、すでに裏庭では掃討作戦を再開しはじめたところだ。それでも、今までのところ、前庭でそのグロテスクな姿をみることはほとんどないぐらいになっていた。
ところが、今日はついに、前庭でも10匹以上、巨大でんでんを見てしまった。
なにしろ、かたつむりは土の中で、赤ちゃんを繁殖させるようで、壊滅させるには土を掘り出して、小さいカタツムリに至るまで、すべてを殲滅しなければならないと思うが、実際、それは不可能だと思っている。
結局のところ、これは終わりなき闘いといったところなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:ブラジル - ジャンル:海外情報


よろしければ、クリックを!
↓↓



【2006/01/12 12:59】 | パンタナールの動植物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ボリビア領事館 | ホーム | ドナの呼称が物語るブラジル人女性の強さ>>
コメント
こんにちわ
雄平@実りのときブログ
です。ブログ村村民です。
巨大デンデン、すごいですね。さすが、ブラジルは日本とはスケールが違います。恐ろしいですね。

これを、バターとにんにくで「巨大エスカルゴ」にはできないのでしょうか。それができれば、問題はいっきょに解決とおもわれますが。
これは、チと甘いのでしょうね。

では、また。
【2006/01/13 17:30】 URL | 雄平 #Tj4FbPWQ[ 編集] | page top↑
さすがコルンバですね。目の前が川だからリンゴマイマイ大繁殖!!すでにでかいの捕獲してパラグアイ川に投げるしかありませんが、土の中の小さいもの隠れている個体は、ひよこもしくはCodorna(うずら)を庭に放す!ひよこは成長してニワトリになってうるさいですがうずらは鳴かないから良いですよ。それに繁殖したら卵が食べられる!一石二鳥!
【2006/01/13 21:00】 URL | pantanalinbrazil #-[ 編集] | page top↑
雄平さん、はじめまして。

レスありがとうございます。

いやぁ、本当に脅威なんですよ。

食用の話題ですが、隣近所の人が、
「このカタツムリは、あなたたちの留守中に家を管理していた家庭が、養殖でもしようとして持ってきたところが、うまくいかなかったんじゃないかなぁ。もう感染しているから、食用にはならないよ」

なんて言っていました。

本当かどうか分かりませんけど。

ブラジルの人って、結構知ったかぶりして、裏づけのない情報を教えてくれることがあるものですから。
【2006/01/14 01:19】 URL | 日本人inPantanal #aIcUnOeo[ 編集] | page top↑
pantanalinbrazilさん、

レス、ありがとうございます。
リンゴマイマイという名前でしたか。

豊富な知識をお持ちのようですね。
今後とも、いろいろとご教授くださいませ。

鳴かない、という点でうずらの方が魅力的そうですね。

でも、犬を放し飼いにしているのが難点かなー。

かつて、一度ひよこを飼おうとしたんですよ。でも、気がついたらいなくなっていました。
一度、犬が敷地内から出て行ったとき(街中です)、へんな鶏ぐらいの大きさの黒い残骸をくわえてきたことを思い出しちゃいました。

【2006/01/14 02:31】 URL | 日本人inPantanal #aIcUnOeo[ 編集] | page top↑
こんにちは始めまして。千葉県に住んでいますがPARANAに家を持っています。PANTANALはまだ行ったことがありませんが妻がよく知っています。私は日本生まれのブラジル育ちで古い開拓移住者でした。昭和40年代までブラジル移住が国に奨励されたことは現代の人はほとんど知りません。妻は純粋ブラジル人ですが、日本人移住地で生まれ物心ついたころからおはぎを食べていたそうです。私はサンパウロしか知りませんが妻の強い希望で妻の故郷のLONDRINAに家を買いました。妻と娘が日本から家を物色しに行ったので私はまだ家を見ていませんv-16
今年から年金生活に入るのでまた暑い正月、クリスマスに戻れそうです。IDのantatontoはトンマなアンタという動物の意味ですv-91
【2006/02/10 06:12】 URL | hiroshi #-[ 編集] | page top↑
Antatontoさん、はじめまして。

Londorinaは気候的にも、日本人が多いことでも、住み心地のよさそうな街ですね。
このコルンバにも、60年代からの移住者が一人住んでいらっしゃるのですが、その方も、今度ロンドリーナの方へ引っ越そうとされています。Anatontoさんと同年代になると思います。

また、ブラジルのことお教え下さい。
【2006/02/10 07:03】 URL | 日本人inPantanal #aIcUnOeo[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pantanal.blog44.fc2.com/tb.php/6-f49291e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。